2018年08月04日

1歳からの夏の遊び場


毎日暑いです。

子どもの体感温度は、大人よりも5℃高いというニュースを見ました。
恐ろしい。



学生さんの夏休みシーズンになると、児童館での乳幼児向けプログラムがお休みになるところが多いです。

ふと子どもと遊ぼうと思っても、外遊びできない気温だと困りますよね。
私もそんな1人です…。
困り果てた我が家では児童館、公園、保育園、小学校、図書館、商業施設をフルで活用しています。


涼しい、楽しい、時間を潰せる
近所にあればメリットだらけ。


それぞれの特徴と注意点をご紹介します。






児童館で水遊び


・7月または8月に週1回ほど開催される。
・児童館のお庭で、オムツが外れている子は広めのビニールプール。オムツが必要な子は1人ひとつ大きいタライなど。
・毎回利用者が多く、とても混む。開始時間の少し前〜ちょうどぐらいに行った方がすぐに遊べる。
・虫除けスプレー、ママ用帽子、タオルは必須。
・ママも濡れるから注意が必要。
・児童館には朝から小学生がたくさんいるのでぶつからないように注意が必要。





児童館でコンビカー


・地域によっては夏休みでも児童館のホールに乳幼児向けおもちゃを出しているところもある。
・市区町村のHPなどに掲載されている児童館のお知らせを確認した方がいい。




公園で水遊び


・水遊びができる公園は、市区町村のHPに掲載されているので要チェック。
・だいたい10時〜16時の時間帯で水が流れてる。それ以外の時間帯は、水が滞留してるか干からびてる。
・日陰が少ない公園には、夕方などの気温が下がる時間になるまでいかない方が安全。
・虫除けスプレー、タオル、ウォーターシューズ必須。
・深さが10㎝程度あると子どもは溺れるので、目を離しちゃいけない。10㎝以下でもリスクはあるので注意が必要。




保育園を体験


・地域支援の一環で、月に数回『親子で遊びに来てOK』な時間を設けている保育園が多い。
・7月末に夏祭りをやってたりする。
・移動水族館が来ることもある。
・ミニコンサートをやっていることもある。
・情報は各保育園のHPか保育園の出入り口に掲示されてる。
・最初はちょっと勇気がいるけど、意外と利用している人がいるので大丈夫!




小学校を体験


・小学校のプールを一般開放してることがある。
・月末に夏祭りをやってたりする。
・そういった情報は各小学校のHPか小学校の出入り口に掲示されてる。




図書館を満喫


・夏休み向けの読み聞かせイベントをやってたりする。
・乳幼児向けスペースで涼しく絵本を吟味できる。



商業施設


・屋上庭園やキッズスペースがある施設が増えてる。
・期間限定でミストや水遊びスペースが設置されてることもある。
・全年齢向けであることが多いので、小中学生の利用があることも。子ども同士がぶつからないよう注意が必要。




**********



移動の際は、くれぐれも熱中症に気をつけてくださいね。
posted by 朔壱 at 19:00
"1歳からの夏の遊び場"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: