2020年05月03日

一週間で終えるトイトレ【7日間の流れ編】

トイレ画像.png

ざっくりスケジュール。
  1日目    2~3時間パンツ
  2日目    午前と午後の3時間ずつパンツ
  3・4日目  起床から入浴までパンツ(昼寝は除く)
  5日目    1時間程度外出
  6日目    半日程度外出
  7日目    トイトレ終了


このスケジュールで子どもにはオムツではなく、パンツを穿いてもらいます。


※※※ご注意※※※
本ブログでのトイトレ完了は『トイレに座っておしっこ、うんちができる』を指します。
衣類の着脱は別途練習が必要なので、トイトレの完了目安には含めていません。
昼寝と夜寝る際はオムツOKで考えています。
また、保育園に通っているお子さんの場合は保育園での進め方もあるので、担任の先生にお知らせしてから始めると良いと思います。



初日~2日目

家の中で遊びます。

排泄はだだ漏れを覚悟。

だだ漏れだと親も子どもも毎回ビックリします。
怒ったり大きな声は出さずに、「おしっこ出たね!びっくりしたね~」と伝えるくらいにしましょう。

パンツや部屋が濡れて汚れるのは悪いこと、と思わせてしまうと子どもを不安な気持ちにさせてしまいます。


パンツが濡れても、
「すぐにトイレでできるようになるよ!」

廊下で漏れたら、
「トイレの近くまで行けたね!」


排泄の前に動きが止まったり、そわそわして兆候が見られたら、
「今、自分でおしっこ出そうってわかったね!」

トイレまで行って漏らしたら、
「トイレまで間に合ったね!すごい!できた!」


便座に座れたら、
「できたね!大人みたい!ママ嬉しい!!!!」


自分のやる気のためにも、なんでもポジティブに伝えてくださいね。



3~4日目

トイレで排泄できる回数が少しずつ増えてきます。
(増えてなくても大丈夫!焦らずに、もう2日くらい様子を見てくださいね)


でも、うんちは難しかったりします。
そんな時でも怒らず、できるようになった部分に目を向けてください。


5日目

いざ、外出。

外の空気、太陽光、さいこー!

ちょっとの時間だけでも外に出てみましょう。


ここまでの4日間でなんとなく排泄のリズムや兆候が掴めていると思います。

例えば、
・飲食してから30分後
・ソワソワしだしたらおしっこ
・抱っこを要求する回数が増えたらうんちが近い


外出中にトイレに寄るのは難しいと思います。
なので排泄と排泄の間で外出しましょう。
そして帰ってこれたら、「パンツでもお出掛けできたね!」ってべた褒めしましょう!



6日目~

少しずつ外出の時間を長くしたり、公園のトイレを利用してみたり。
失敗する前提で、トイトレ開始前の生活に近づけていきましょう。


ただし、トイレを失敗したときに他の人に迷惑がかかるような場所への外出はおすすめしません。
30分以上の買い物やトイレまでの距離が遠い広い公園などです。

漏らした時の対応が大変なのと、親がイライラしちゃう可能性があるからです。

出かけるときは下着、ズボンorスカート、靴下、オムツが必須。
替えの靴も持てると良いけど、かさばるので私は持参せず。

オムツはすぐ出せる場所に入れておくと、トイレが近くにない場面で「おしっこ!」となっても
オムツを破いて広げて、足元に置くと地面を濡らさずにすみます。
ペットシーツでも代用可能。



トイトレ終了

我が家は7日目で、ほぼトイレで排泄ができるようになりました。
なのでここでトイトレ終了。


これ以降、ちょっとずつ外出時間を延ばしました。

交通機関を利用する際は、念のためトイレパッドを装着。

これ。安心感って大切。


子どもには、これはオムツではないこと、乗り物の中だとトイレにすぐ行けないから念のため穿いて欲しいことを伝えて使用。


寝るときのみオムツです。


終了しても、言われてトイレに行っても何も出ないこともあります。
なぜか漏らしまくる日だってあります。

子どもの体調にも左右されるので、トイトレ終了後も怒らずポジティブに行きましょう!

posted by 朔壱 at 10:00| Comment(0) | トイレトレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください