2019年10月19日

一週間で終えるトイトレ【準備編】


幼稚園入園が迫ってくると気になる話題。


トイレトレーニング!


始めるには時間も体力も根気も気持ちのゆとりも沢山のパンツも必要。

必要なものだらけで、なかなかやる気になれません。

しかも進め方もいろいろあるみたいだし、よくわからない。



半年くらいかけてゆっくり進めるとか。

子どもにあったタイミングで始めるとか。

トレーニングパンツにトレーニングオムツって何が違うのかとか。




私が働いていた施設では。

オムツで生活しつつ、タイミングを見計らってトイレに誘い、成功体験を増やしてからパンツにすることが多かったです。


タイミングというのは、起床後すぐ・食事の前後・おやつの前後・外出の前後・入浴前・就寝前です。

3か月~半年、もしくはそれ以上かけて進める感じ。


時間がかかるし、子どもも大人もしんどかった印象があります。




それを踏まえ、我が家はイギリスやアメリカで多いらしい、『ノーパンで過ごす』方式を採用しました。


といってもノーパンは恥ずかしいので、パンツ(とズボン)を履かせました。




その結果、2歳6ヵ月の7日でトイトレ完了!!!

(しかしプレ幼稚園通いで、オムツ生活に逆戻り…それも今後書く予定です)



スケジュールはこんな感じ。


  1日目    2~3時間パンツ

  2日目    午前と午後の3時間ずつパンツ

  3・4日目  起床から入浴までパンツ(昼寝は除く)

  5日目    1時間程度外出

  6日目    半日程度外出

  7日目    トイトレ終了






今回の記事は準備編。

説明だらけ、リンク画像だらけで長いです。ご覚悟を!




※※※ご注意※※※

本ブログでのトイトレ完了は『トイレに座っておしっこ、うんちができる』を指します。

衣類の着脱は別途練習が必要なので、トイトレの完了目安には含めていません。

昼寝と夜寝る際はオムツOKで考えています。

また、保育園に通っているお子さんの場合は保育園での進め方もあるので、担任の先生にお知らせしてから始めると良いと思います。




■目次

 気持ちの準備
  ★子どもの気持ち
  ★親の気持ち
 食事の準備
  ★常備菜
  ★レトルト食品
 物の準備
  ★パンツ
  ★ブルーシート
  ★ドアストッパー
  ★補助便座
  ★階段
 用意しなかった物
  ★トレーニングパンツ
  ★おまる



気持ちの準備


★子どもの気持ち

『お兄さんパンツ、お姉さんパンツを履きたい』と子どもが言うようになってからトイトレを開始しました。

いくら親がやる気になっていても、子どもも同じ方向を向いていないと苦戦するからです。
そのためにはトイレやパンツに興味を持つよう、導入も必要です。


●トイレに関する絵本を読んだり。








●好きなキャラクターのパンツを探したり。







●子どもがトイレについてきたら、親のトイレでの様子を見せたり。


●気が向いた時にこんな声掛けしてみたり。
『お兄さん、お姉さんになったらトイレでおしっこするんだよ』
『幼稚園さんもトイレでおしっこするんだよ』


●商業施設、児童館にある子ども用トイレを見せてみたり。



トイレでの排泄にポジティブな印象を持てるよう、心がけました。



★親の気持ち

親の心構えと進め方は、ジーナ・フォードさんの『カリスマ・ナニーが教える 1週間でおむつにさよなら! トイレトレーニング講座』で確認しました。





そして。

部屋で何度もおもらしされると、万全の体調で挑んでいてもイライラしてしまいます。
だからといって子どもを叱っても、トイトレが進むわけではありません。

しんどさを軽減するためには、心のゆとりがあるときに始めるようにしましょう。


例えば、夫婦が揃って取れる連休。

仕事が落ち着いている時期。

イヤイヤ期が落ち着いてから。

イベントごとのない週に。


そんな風に、トイトレ以外の問題が少ない時を選べると良いと思います。



食事の準備


初日~3日目あたりはのおもらしの回数が多く、掃除洗濯で疲弊します。

レトルトや作り置き総菜を準備しておくと朝昼晩の食事を作る手間が省けます。


★常備菜
肉か魚+野菜細切れの炒め物を準備。

うんちがスムーズに出せるよう、なるべく野菜を重視。


野菜嫌いな子どもにはミキサーで砕いて料理に混ぜておくか、オートミールがおすすめ。

ですが、トイトレのタイミングで初めて見る料理や苦手な野菜は食べない可能性が高い。

考えすぎずに普段通りの食事でもOKだと思います。



★レトルト食品



そんな大げさな…と思うかもしれません。


ですが、初日からパンツ生活なのでおしっこ・うんちはだだ漏れです。

料理中、何度も手を止める必要がでてきて、料理が全く進まなかったりします。

『あ、今日はもう無理だ』ってなっても食卓に出せるものがあると安心です。

温めなくても大丈夫!




物の準備


★パンツ

上げ下げしやすいよう、普段来ているズボンのサイズより、ワンサイズ大き目の物を購入。

12枚用意。

子どもと相談して、気に入った柄を購入しました。



★大判ブルーシート



100均で売ってるやつ。我が家はダイソーで購入したものがあったので利用しました。

ソファがあるご家庭はあると安心。

ソファーの上で漏らすことも多々あるので、敷いておくとソファが守れます。



ペットシーツや防水シーツでも代用可。

こんな感じのやつです。
これなら車や電車、ベビーカーでの移動時、お尻の下に敷いて使うこともできます。



★ドアストッパー


1日でトイレに10回駆け込むこともあります。

そのうち子どもが自分で走ってトイレに行くようになります。

慣れるまでは扉の開け閉めで慌てて指を挟む危険があるので用意しました。



★補助便座


自分で座れるように我が家はリッチェル。




自分で跨るのは難しいけど、音が出るボタン付きで楽しくトイレができるのはこっち。

祖父母宅のトイレで使っていますが、こちらの方が子どものモチベーションは高そう。



★階段

牛乳パック6本に新聞紙を詰めて作りました。

スリーコインズの子ども用階段でも良いと思います。


補助便座付き階段もおすすめ。


友人宅にあって、使いやすかった!!

ただし、場所を取るので広いトイレのおうち向け。
我が家は置けません…




用意しなかった物


★トレーニングパンツ



トレーニングパンツと似た構造の水着を持っているのですが、乾きにくい。


確かにおしっこは漏れないけれど、吸収率が良いせいか真夏の外干しでもない限り、乾かすのに1日かかります。

そうなると洗い替え用に複数枚欲しいけれど、結構なお値段します。

外出用に1枚くらいは持っていても良かったかもしれませんが、我が家は用意しませんでした。



★おまる



リビングや子ども部屋におまるを置くとすぐに座らせることができるので、早いうちから成功体験をさせることができます。

ただ、徐々におまるを置く位置をトイレの近くに移していく必要があります。

(上の方で紹介したトイトレ本に詳細が載ってます)


トイレまで排泄を我慢できるようになっても、おまると違ってトイレだと足がブラブラ浮いて踏ん張れず、子どもが感覚の違いに苦戦することもあります。

だったら最初からトイレに行けばいいかなーと思って用意しませんでした。
あと高い。



以上、準備編でした。

長々読んでくださり、ありがとうございました。



次回は進め方編です。
posted by 朔壱 at 00:00| Comment(0) | トイレトレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください