2018年08月16日

1歳7ヶ月は粉薬が飲めない




病気になると処方される粉薬。

息子は全く飲めませんでした。

毎朝夕、大乱闘。

息子大泣き、私も大泣き。

飲んでもらわないと早く良くならない。
でも、息子は飲みたがらない。
こんな嫌がっていたら、ご近所の方が心配して通報するのでは?!

不安でいっぱいいっぱいになりました。

そんなときに調べて試した、粉薬の飲み方パターンと我が家での結果です。




※我が家の結果についてはこんな感じで記載しています。
   ◯ 飲めた!
   × 泣き叫んだ!飲めなかった!


水で溶いて飲ませる


やり方
子どもが飲める量の水で粉薬を溶かし、飲ませます。
溶かす水の分量が多いと、途中で飲むのをやめてしまう可能性があるので、少量です。
甘くて量が少ない粉薬におすすめ。


結果   ×
粉薬1包の時ははぺろっと飲みましてが、2包3包と粉薬の量が増えると途中で拒否。
一度嫌がってしまうと二度と飲んでくれませんでした。



内頬や上顎に付けて飲ませる


やり方
少量の水で粉薬を溶き、ペースト状にして内頬や上顎につけて水などで飲み込ませます。
舌につくと苦味を感じて嫌がるので、つけないように注意します。


結果  
泣き叫びました。
なんとか飲めますが、粉薬の量が多いと複数回繰り返さねばならず、そうなると口を開けてくれませんでした。
口をこじ開ければいいのでしょうが、泣いていると一緒に泣きそうになってしまい、強く出れず。。



ヨーグルトと混ぜて食べさせる

やり方
プレーンヨーグルトに粉薬を混ぜ、イチゴなどの果汁や年齢に応じてジャムと混ぜ合わせます。
乳製品には薬の効果を減らす場合があるので、薬剤師さんに相談するといいと思います。


結果  ×
一口だけ食べましたが、『ん?』と固まり、その後は食べず。
普段食べているヨーグルトと味が違うのがバレてしまったようです。



パンに塗って食べさせる

やり方
水で溶いた粉薬をパンに塗り、食べさせます。
甘い粉薬で、パンが好きな子どもなら食べられる可能性あり。
ただし、子どもにとって嫌いな味の粉薬な場合、パンそのものを嫌いになる可能性があるようです。
主食であるパンを食べなくなってしまうのは避けたいので、子どもの様子に注意です。


結果   〇 ➡ ×
始めてから3日目で食べなくなりました。
粉薬がついた部分を自分でちぎって取り除き、パンの部分だけ食べるようになりました…。



チョコレートのオブラートと混ぜて食べさせる

やり方
[森永製菓] にがいのにがいのとんでいけ チョコレート味
生チョコのような粘度のチョコレートに薬を混ぜて食べさせます。

[龍角散] おくすり飲めたね チョコレート味
ゼリー状のチョコレートで粉薬を包んで食べさせます。
私にはうまく包み込めなかったので、パッケージを空けた際に出てくる水分(チョコレートと分離した水分)で粉薬をペースト状にし、ゼリーに混ぜて使いました。


結果 [森永製菓] にがいのにがいのとんでいけ チョコレート味   ×
これまでにチョコレートを食べたことがなく、あまりの甘さに驚き、とても喜んだ息子。
しかし、半分食べたあたりで『ごちそうさま』ポーズ。
1歳代には甘すぎたみたいです。


結果 [龍角散] おくすり飲めたね チョコレート味   〇 ➡ ×
チョコレートだけでなく、ゼリーも初体験な息子。
非常に警戒し、ゼリーを口にするのに2日かかりました。
笑顔で食べてくれましたが、翌日には食べなくなっていました。
理由はわかりません…。



ゼリーオブラートに混ぜて食べさせる

やり方
[白十字] ゼリーオブラート おくすりレンジャー フルーツパック
ゼリーで粉薬を包んで食べさせます。
私にはうまく包み込めなかったので、チョコ味と同様に、パッケージを空けた際に出てくる水分で粉薬をペースト状にし、ゼリーに混ぜて使いました。


結果   × ➡ 〇
最初は警戒し、食べず。食べたとしても、すぐに口から『べー』っと出してしまいました。
チョコレート味で一度食べるようになってから、再チャレンジしてみたところ、パクパク食べるように!!!!!
安心して涙がでました。
『美味しい』のベビーサインを繰り返すくらい気に入ってくれたようで、この方法で粉薬を乗り切ることができました。



アイスに混ぜて食べさせる

やり方
少量のアイスに粉薬を混ぜて食べさせます。
ヨーグルトと同様に、乳製品なので薬の効果に影響する可能性があります。
薬剤師さんに相談した方が安全です。


結果   試さなかった
アイスも与えたことがなかったのと、お腹が冷えすぎるのが心配で試さずに終わりました。
また、機会があればやってみようかと思います。
薬を飲まさなければならない機会なんてこない方が良いのですが…。

posted by 朔壱 at 06:00| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください