2018年08月02日

1歳半はお手伝いしたいお年頃


1歳半頃からお手伝いが盛んな息子。


お買い物帰りは荷物持ちをしてくれたり。

掃除機のノズルだけ持って、『ブイーンブイーン』と言いながらウロウロしたり。

コロコロで床掃除しようとして、粘着シートをフローリングに貼り付けまくったり。

洗濯済みの洋服を棚から取り出して洗濯機に入れてくれたり。


『お手伝いしてー』『一緒にやってー』とお願いすると、微妙に私と違うことをしています。見ていて笑えてきます。



1歳7ヶ月の今は米とぎパンケーキ作りのお手伝いをしてくれます。


子どもと一緒にやる米とぎ

①シンクの前に椅子を置き、子どもを立たせる
②自分は子どもの後ろに立つ
③子どもの手に自分の手を添えてお米とぎ


当たり前ですが、うまくできません!
あらかじめ米とぎしておくか、最後に仕上げをする必要があります。

お米を突然掴んで持ち上げたり、その手を振ったり、水切りするときにお米もザパーっとやったり。
アクシデントもありまくりです。
お米を拾うのが大変です。

でも息子は楽しそう。
目をキラキラさせて、口元はニヤニヤ。


やらせたいけど、少し面倒…なんてときには新聞紙やレジャーシートを床に広げて、そこにボウル2つと乾いたお米を少し。
真ん中に息子を配置させると、お米まぜまぜ遊びコーナーができあがります。

新聞紙やレジャーシートの四隅はセロハンテープなどで床に留めることをおすすめします。
子どもが動くとズレて、お米も散乱しやすくなります。



子ども一緒に作るパンケーキ

①事前に絵本【しろくまちゃんのほっとけーき 作わかやまけん】を子どもと一緒に読む
②小麦粉、BPは振るっておく
③子どもと一緒に卵を割って、ボウルに入れる
④子どもと一緒に牛乳をボウルへ注ぐ
⑤子どもと一緒に②の粉類をボウルに入れる
⑥子どもと一緒に泡立て器などでまぜまぜ
⑦焼くのは大人だけでやる


卵、牛乳、粉類と惨劇と化す危険物だらけ。
寛大な心と時間的余裕が必要です。

ですが一緒に作るパンケーキは美味しいですね。

ボウルに入れる、混ぜる、焼く、ひっくり返すといった動作は、すぐにままごとに反映されます。
影響力がすごい。



雨や猛暑で外遊びが出来ない日なんかにおすすめです。
ラベル:2歳児 1歳児
posted by 朔壱 at 19:00| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください