2018年07月31日

1歳のスプーンやフォークを使った食事


離乳食が進むにつれて、気になってくるのは食具食べ。

いつからスプーンやフォークが使えるようになる?
みんなもう使えるんじゃないの?
うちは遅れてるのでは?

そんな風に不安になりますよね。


最近知ったのですが、手づかみ食べの練習は不要で、最初からスプーンを渡しちゃう、といった考え方もあるようです。

ですが、そもそも!

手づかみ食べには目と手と口の協働が必要です。
手づかみ食べがうまくできないうちから、スプーンやフォークを使いこなすなんて、できないんじゃないの?と私は思います。



ここからは我が家のケース。


この流れで1歳過ぎにはスプーンを使って、こぼしながらも1人で食べられるようになりました。

**********


9ヶ月
スプーンを持ちたがったので、息子専用のスプーンを用意しました。

食事中は右手でスプーンを握りしめ、左手で手づかみ食べをしていることが多かったです。

これだと左手ばかり発達しそうで心配だったので、左手でスプーンを持つようにさせる日もつくりました。



10ヶ月後半
スプーンですくう動作をやりたがり始めました。
でも、もちろんできません!
そしてテーブル、床下はぐちゃぐちゃに。

やりたいけどできないもどかしさもあるのかな?と思ったので、二人羽織のようにして食べさせてみることにしました。

①息子の背後に回り、息子のスプーンを握った手を後ろから持つ
②そのままスプーンでごはんをすくう
③息子の口まで運ぶ


息子からすると、私の姿は見えず、さも自分でやっている風に見えます。

これを食事の度、私の気が向いた時だけですがやるようにしました。



1歳
自分でスプーンで食事ができるようになっていました!
もちろんこぼしたり、上手く救えないことはありますが、大進歩!!

自信がついたのかな。
そうだと嬉しいなー。



1歳2ヶ月
フォーク登場!
スプーンと同じ使い方しかできませんが、物珍しくて喜んでました。



1歳5ヶ月
スプーンでもフォークでも食べられるメニューの時は、両方を出すようにしました。
自分で使いたい方を選べるように。



1歳6ヶ月
フォークで食べ物を刺して食べられるようになりました。

**********


食べるのが大好きな息子なので、かなりスムーズに進みました。
個人が大きいですし、その子に合った進め方じゃないと意味がないですが、息子にはちょうど良かったようです。



ほぼ1人で食べてくれるので、外食はラクになりました。
とはいえ、テーブルも床も汚します。
外食時はテーブルには汚れ防止でハンカチを敷くのが必須です。
それとビブも。
帰る前の床チェックも忘れてはなりません。


あと、まだまだ手づかみ食べもします。
甘えん坊な日は全く手を動かさずに、ひたすら口を開けて「ん」とか「あーん」と言いながら待ってます。

かわいいので、これはこれで楽しいですね。
posted by 朔壱 at 23:02| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください