2018年07月25日

我が家のお出かけ愚図り対策


電車やバスで子どもが突然暴れ出すことってありますか?
泣き出したり、騒ぎ出したり。
阻止することは難しいけれど、 他の方の視線が気になる。
そんな時のための、我が家のアイディアです。


7D04D755-2D0F-4A29-9EA7-49D4618D845B.jpeg


携帯おもちゃ
消防車とチョロQはだいたいいつも持っています。
飲食店であれば、これをおもちゃストラップに繋げて、さらに子ども椅子に繋げます。
そうするとしばらく1人で遊んでくれます。

1歳になる前はまだ自動車に興味がなかったので、ラトルやキーホルダーの人形をおもちゃストラップにつけて遊ばせていました。

それとシール。
薬局でもらったシールを母子手帳に入れています。
渡すと私の顔や腕に貼ってくることが多いので、いつも剥がし忘れが心配です。


移動時間が長そうな日
フライングタイガーで購入した文字のない絵本。
なんと100円!
そしてかさばらない!
乗り物、動物、季節…いろんな要素が入っています。
ストーリーを毎回変えて読んでみたり、『ライオンさんはどこ?』てな感じに動物を探すゲームをしたり。


冠婚葬祭や病院など、座って待つ時間が多い日
ミニノートと色鉛筆を数本。またはシャチハタ付きのペン。
膝の上でノートにお絵描きします。
シャチハタ付きのペンは、お絵かきに飽きたらスタンプとして使います。
理想はかわいいスタンプを持ち歩けばいいのでしょうが、できる限り持ち歩く荷物を少なくしたくて。
シャチハタ付きペンは母子手帳と一緒にいつも持っているので活用してみました。

問題点は、息子や私の手にインクがつくこと…。洋服にも注意が必要です。


特に用意しなくてもできること
まずはハンカチ!
子どもの目の前でひらひらさせたり、顔にかぶせたり、はたまた自分がかぶったり。
息子の場合、これでだいたい笑います。単純さん。

お鼻をピンポーン
指で鼻を軽くつんつん。ピンポーンって言いながらやります。
息子の場合、すぐに真似して私にもやってきます。そして爆笑。
声が出ると困る場面ではできないですね。。

探しっこゲーム
乗り物の中であれば広告や外の景色が見えるので、『あそこにバスの写真があるよ!』てな感じで探させます。


他にもあった気がしますが、思い出そうとするとなかなか出てこないものですね。
それはまた今度。
posted by 朔壱 at 21:48| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください